コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民憲章 こくみんけんしょうMisâk-i Milli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民憲章
こくみんけんしょう
Misâk-i Milli

第1次世界大戦後,ヨーロッパ列強による国土分割の危機に直面したトルコ国民が,イスタンブール議会を通じて採択した誓約。ケマル・アタチュルクを中心とするトルコの祖国解放軍は,すでにエルズルムおよびシバス会議においてトルコ領土の保全,国民主権,国民議会の招集などの政策を打出していた。 1919年,イギリスの事実上の支配下にあったイスタンブールで招集された議会選挙において祖国解放軍は勝利を収めたが,それに力を得て 20年1月 28日,この議会に上述の両会議で決議された政策を「国民憲章」として採択させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国民憲章の関連キーワード近・現代アフリカ史(年表)パレスチナ解放機構ヨルダン(国)6月26日ナセル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android