コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民戦闘記念塔 こくみんせんとうきねんとう

1件 の用語解説(国民戦闘記念塔の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくみんせんとうきねんとう【国民戦闘記念塔】

ドイツ東部、ザクセン州北西部の都市ライプツィヒ(Leipzig)の郊外にある、展望台を持つ石造の記念塔。ヨーロッパ一の高さ(91m)を持つ記念碑である。1813年10月に起こった「諸国民の戦い」(ライプツィヒの戦い、Volkerschlacht)の古戦場に建っている。この戦争は、ナポレオン1世率いるフランス軍19万と、プロイセンロシア帝国オーストリア帝国・スウェーデンの連合軍36万の間で戦われたもので、3日間の激戦の末にフランス軍は敗北し、フランス軍は4万以上、連合軍側には5万以上の戦死者を出したといわれている。このフランス軍の敗北で、ナポレオンドイツ支配が終わった。この戦いの100周年を記念して、戦死者を哀悼するため20世紀初めに建設された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民戦闘記念塔の関連キーワードケムニッツザクセンツィッタウバウツェンライプチヒアルブレヒト城ザクセンアンハルト聖トーマス教会ドレスデン城ニーダーザクセン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone