コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民戦闘記念塔 こくみんせんとうきねんとう

1件 の用語解説(国民戦闘記念塔の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくみんせんとうきねんとう【国民戦闘記念塔】

ドイツ東部、ザクセン州北西部の都市ライプツィヒ(Leipzig)の郊外にある、展望台を持つ石造の記念塔。ヨーロッパ一の高さ(91m)を持つ記念碑である。1813年10月に起こった「諸国民の戦い」(ライプツィヒの戦い、Volkerschlacht)の古戦場に建っている。この戦争は、ナポレオン1世率いるフランス軍19万と、プロイセンロシア帝国オーストリア帝国・スウェーデンの連合軍36万の間で戦われたもので、3日間の激戦の末にフランス軍は敗北し、フランス軍は4万以上、連合軍側には5万以上の戦死者を出したといわれている。このフランス軍の敗北で、ナポレオンドイツ支配が終わった。この戦いの100周年を記念して、戦死者を哀悼するため20世紀初めに建設された。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone