コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民歌謡 コクミンカヨウ

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐かよう〔‐カエウ〕【国民歌謡】

ラジオによる健全な歌の普及運動で、大阪中央放送局の奥屋熊郎の提案により、昭和11年(1936)から同16年まで全国に放送された歌。「椰子(やし)の実」「春の唄(うた)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

国民歌謡の関連キーワードレコード(音を記録した物体)ハンス ライプ平井 康三郎高階 哲夫水野 康孝鉄道唱歌福田正夫回覧板隣組歌謡

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民歌謡の関連情報