国民歌謡(読み)コクミンカヨウ

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐かよう〔‐カエウ〕【国民歌謡】

ラジオによる健全な歌の普及運動で、大阪中央放送局の奥屋熊郎の提案により、昭和11年(1936)から同16年まで全国に放送された歌。「椰子(やし)の実」「春の唄(うた)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こくみん‐かよう ‥カエウ【国民歌謡】

〘名〙 昭和一一~一六年(一九三六‐四一)、日本放送協会(NHK)が大衆歌謡の向上のためにラジオで普及をはかった新作歌曲。「椰子の実」「夜明けの歌」「春」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民歌謡の関連情報