椰子(読み)ヤシ

デジタル大辞泉「椰子」の解説

や‐し【×椰子】

ヤシ科の単子葉植物の総称。2500種が熱帯を中心に分布。高木あるいは蔓性つるせいの木本。幹はふつうまっすぐ伸び、頂に大きな葉をつける。葉は柄があり、羽状か手のひら状に切れ込んでいる。花は密集してつき、果実は房状になる。ふつうココヤシをさすが、ナツメヤシニッパヤシアブラヤシや、シュロトウなども含まれる。
[類語]ココ椰子棕櫚棕櫚竹ラタン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「椰子」の解説

や‐し【椰子】

〘名〙 植物「ココやし(━椰子)」の異名。多くの場合、ヤシ科植物でココヤシに外形の似たナツメヤシ、ニッパヤシなど羽状複葉の大形葉を幹頂に叢生する種類の総称として用いる。漢名、・椰やしお。パーム。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

やしお【椰子】

〘名〙 (語源、歴史的かなづかいともに未詳) =やし(椰子)
温故知新書(1484)「椰子 ヤシホ 𣏐」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「椰子」の解説

椰子 (ヤシ)

学名Cocos nucifera
植物。ヤシ科の常緑高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

普及版 字通「椰子」の解説

【椰子】やし

やし。〔本草綱目、果三、椰子〕相ひ傳ふ、林邑王、越王と怨みり。刺客をして、に乘じて、其の首を取らしめ、樹に縣(か)く。して椰子と爲る。其のほ兩眼り。故に俗、之れを越王頭と謂ふ。而して其のは、ほ酒のごときなり。

字通「椰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android