コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民生活審議会 コクミンセイカツシンギカイ

デジタル大辞泉の解説

こくみんせいかつ‐しんぎかい〔コクミンセイクワツシンギクワイ〕【国民生活審議会】

内閣府に設置されている首相の諮問機関。国民生活の安定や向上のための基本的な政策、消費者の利益の擁護や増進のための基本的な政策などを審議する。昭和36年(1961)国民生活審議会令に基づいて経済企画庁に設置された。平成13年(2001)の改組に伴い、内閣府に移管。国民生活審。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国民生活審議会の言及

【経済企画庁】より

…そのほか,経済研究所が付置され,経済一般の調査研究をはじめ,国民所得の調査分析,国民経済計算等を担当している。また,審議会としては,経済審議会と国民生活審議会があるが,このうち経済審議会は経済計画を審議立案する機能をもっており,200を超える政府の審議会のうちでも重要な審議会の一つである。1997年度末定員514人。…

※「国民生活審議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国民生活審議会の関連キーワード自主的社会参加活動大原 総一郎高原 須美子那須 宗一大原総一郎日本的雇用鬼丸かおる正村公宏清家篤

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android