コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民革命忠烈祠 こくみんかくめいちゅうれつし

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくみんかくめいちゅうれつし【国民革命忠烈祠】

台湾の首都台北(臺北、タイペイ)の市内(中山区北安心路)にある、国民革命辛亥革命)や対日抗戦(日中戦争)、中国共産党との内戦(国共内戦)で戦死した約33万人の人々を祀る。1969年に建設され、本殿は北京の太和殿を模してつくられた。3ヵ月ごとに陸、海、空軍が交替で警備にあたっており、1時間おきに儀仗兵の交代セレモニーを見ることができる。祠に至る参道には戦史資料館がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android