儀仗兵(読み)ぎじょうへい

日本大百科全書(ニッポニカ)「儀仗兵」の解説

儀仗兵
ぎじょうへい

儀仗として元首・要人などの儀礼警護を担当する軍隊の一種。旧日本軍では儀仗を、天皇または要人の途上警護に携わる儀仗隊と、宿舎・行在所(あんざいしょ)の警護に携わる儀仗衛兵とに分けていた。儀仗隊は、天皇には1大隊、特命検閲吏・鎮守府司令官には1中隊で編制された。儀仗隊はこのほかに、外国の艦隊司令官などの公式訪問の送迎や祭典・祝賀・葬喪に使用された。これは今日各国の慣例にもなっている。

[纐纈 厚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「儀仗兵」の解説

儀仗兵【ぎじょうへい】

儀仗(儀式に用いる武器)を身につけて元首を警備しその威厳を誇示する任務をもった兵隊大臣高官,外国の賓客などにもつく。日本では天皇の儀仗のには近衛(このえ)兵が当たり,祭典・祝賀・葬喪の際にも儀仗隊を出すことが規定であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「儀仗兵」の解説

ぎじょう‐へい ギヂャウ‥【儀仗兵】

〘名〙 儀式、護衛のために、外国の賓客、皇室、政府高官などにつけられる兵隊。
※風俗画報‐一〇四号(1895)人事門「北白川宮殿下の御葬儀〈略〉次に儀仗兵(ギデウヘイ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「儀仗兵」の解説

儀仗兵
ぎじょうへい
guard of honor

儀礼,警護のために,元首,高官,将官に配置される将兵。日本では 1945年まで,天皇,皇族の儀礼に際しては,近衛兵がその任にあたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「儀仗兵」の解説

ぎじょう‐へい〔ギヂヤウ‐〕【儀×仗兵】

儀礼・護衛のために、天皇・皇族・高官や外国の賓客などにつけられる兵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の儀仗兵の言及

【儀仗】より

…儀仗とは儀式に用いる兵仗(武器)をさす古語(《唐書》)であり,儀仗を帯びて元首の威儀整飾に任ずる兵員を儀仗兵(英語ではa guard of honour)という。現代では,不慮の変に備えて警衛に重きをおくことが多い。…

※「儀仗兵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報