コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連安保理決議242号 こくれんあんぽりけつぎにひゃくよんじゅうにごうU.N. Security Council Resolution 242

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連安保理決議242号
こくれんあんぽりけつぎにひゃくよんじゅうにごう
U.N. Security Council Resolution 242

第3次中東戦争の戦後処理のため 1967年 11月 22日に国連安全保障理事会で採択された決議。前文および本文4項から成り,前文では戦争による領土の取得を否認,中東のすべての国家が安全に生存しうるような公正かつ永続的平和確保の必要性を強調している。最も重要な本文第1項では,占領地からのイスラエル軍の撤退と中東各国の主権,領土保全,政治的独立,および安全かつ承認された国境内での平和に生存する権利の尊重と確認をうたっている。中東和平の基礎となるものとされてきたが,イスラエル軍が「全」占領地から撤退を求められているのかどうかが曖昧であり,またパレスチナ人の処遇を「難民問題」として扱うにとどまり,パレスチナ人の民族的権利に触れていないところに難点がある。このためシリアは 73年まで,またパレスチナ解放機構 PLOは 88年まで受諾を拒んできたが,現在は中東紛争の全当事者が受諾し,中東和平交渉の基礎とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

国連安保理決議242号

1967年の第3次中東戦争の処理原則を定めた決議で、イスラエルに占領地の返還を、アラブ側にイスラエルとの共存を求めている。ただイスラエルが撤退すべき占領地の範囲があいまいであり、しかもパレスチナ人に対して難民として言及しており、その民族自決権を正当に認めていないとの批判があった。しかし国際的には、この242号が中東和平の大枠であるとの認識が、広く共有されている。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

国連安保理決議242号の関連キーワード四大国国連大使会議[中東問題]国連安保理決議338号ミニ・パレスチナヤリング調停ヤリング六日戦争

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android