前文(読み)ゼンブン

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ぶん【前文】

前の方に書いた文。「前文に述べたとおり」
手紙の冒頭に書く、時候のあいさつや安否のうかがいなどの文。
法令の条項の前に置かれている文章で、制定の趣旨や基本原則などを記すもの。まえがき。「憲法前文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐ぶん【前文】

〘名〙
① 前人の文章。前代の文章。旧記録。前記。〔王禹偁‐藉田賦〕
② それより前のほうに記した文。前記。前述。ぜんもん。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一「此事之を次章に説くべし。依て前文の意を茲に完結せん」
③ 手紙で、冒頭に書く文。時候のあいさつや安否のうかがいなどのことば。まえがき。
※うねり(1950)〈永井龍男〉「実は私は、前文まで記した処で、〈略〉筆を置いたのですが」
④ 法令の条項の前に置かれている文章。その法令の制定趣旨、目的、基本原則などを宣言する。日本国憲法や教育基本法などにみられる。〔法窓夜話(1916)〕
⑤ 新聞や雑誌で、見出しの次、本文の前に置かれる文章。本文の内容を要約して示す。リード。〔新聞(1950)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報