尊重(読み)そんちょう

精選版 日本国語大辞典「尊重」の解説

そん‐ちょう【尊重】

〘名〙 (古くは「そんぢょう」とも)
① (━する) とうとびおもんじること。価値のあるものとして大切に扱うこと。そんじゅう。
※菅家文草(900頃)八・奉朱雀院太上皇勅重請停号状「一人国主、如是尊重、四海黎民、誰為軽慢
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九「自由を尊重(ソンチャウ)する英国の大学にして」 〔史記‐汲口伝〕
② (形動) とうとく荘重であること。また、そのさま。
※後二条師通記‐寛治六年(1092)一〇月一〇日「小野御堂儀式、尊重神妙也」

そん‐じゅう ‥ヂュウ【尊重】

※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「八千の諸仏を供養し、恭敬し、尊重(ソンチウ)(〈〉タトミヲモク)すべし」
読本椿説弓張月(1807‐11)拾遺「諸按司(あんず)に尊重(ソンジウ)せられて、安然として日をおくる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「尊重」の解説

【尊重】そんちよう

尊び重んずる。〔漢書望之伝〕之・(少傅周)堪、本(もと)師傅(しふ)を以て重せらる。上(しやう)(孝元き、數(しばしば)見せられ、治亂を言ひ、王事を陳(の)ぶ。

字通「尊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android