国際提携(読み)こくさいていけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際提携
こくさいていけい

日本,アメリカヨーロッパなどの先進国では開発,生産,販売などあらゆる面で国際提携が進行している。企業の国際提携は,とりわけコンピュータ,通信,ロボット,バイオテクノロジー航空機などの先端技術分野で顕著である。ハイテク分野では,技術進歩が速く,開発投資が大きいことから,開発のスピードを上げたり,投資リスクを回避する上で,有効な戦略として活用されている。今後は先端技術の開発力が勝負の時代に入るため,日本,アメリカ,ヨーロッパ企業間の国際提携は,着実に増加することが予想される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際提携の関連情報