コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際標準 コクサイヒョウジュン

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐ひょうじゅん〔‐ヘウジユン〕【国際標準】

各国で異なる製品の構造・性能や技術の規格を世界で統一した標準。国際標準化機構ISO)などで各国が同意したデジュールスタンダード(法律上の標準)と、市場競争の中で決着したデファクトスタンダード(事実上の標準)とがある。インターナショナルスタンダード

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際標準

製品の性能や形状、大きさなどに関する世界共通のルール。たとえば、電池の「単1」や紙の「A4」のほか、日本が提案した「非常口マーク」や音楽CDなども国際標準になっている。国際標準化機構(ISO)や国際電気標準会議(IEC)などの国際機関で、規格案が加盟国の投票によって賛成多数で認められると、国際標準になる。

(2014-02-20 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

国際標準の関連キーワード資料又は刊行方式特性細目エリアウオーターフットプリントタイトルと責任表示エリアISO14000シリーズISO/IEC15408イソきゅうろくろくまるISO9000シリーズハイシエラフォーマットガラパゴス携帯電話国際標準職業分類IEEEコンサートピッチISBNコード工業標準化月間アイエスオー国際標準分類ISOコードPHIGS公衆栄養士MISTY

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際標準の関連情報