コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際標準 コクサイヒョウジュン

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐ひょうじゅん〔‐ヘウジユン〕【国際標準】

各国で異なる製品の構造・性能や技術の規格を世界で統一した標準。国際標準化機構ISO)などで各国が同意したデジュールスタンダード(法律上の標準)と、市場競争の中で決着したデファクトスタンダード(事実上の標準)とがある。インターナショナルスタンダード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際標準

製品の性能や形状、大きさなどに関する世界共通のルール。たとえば、電池の「単1」や紙の「A4」のほか、日本が提案した「非常口マーク」や音楽CDなども国際標準になっている。国際標準化機構(ISO)や国際電気標準会議(IEC)などの国際機関で、規格案が加盟国の投票によって賛成多数で認められると、国際標準になる。

(2014-02-20 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際標準の関連情報