コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際癌研究機構 こくさいがんけんきゅうきこうInternational Agency for Research on Cancer; IARC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際癌研究機構
こくさいがんけんきゅうきこう
International Agency for Research on Cancer; IARC

世界保健機関 WHOの下部機関で,癌対策研究を国際協力によって推進しようとする組織。 1965年5月 20日創設,本部はフランスのリヨンにある。このほか代表的な癌研究の国際組織としては次のものがある。 (1) 国際対癌連合 UICC  35年パリで設立。スイスのジュネーブに本部がある。日本から朝日対癌協会ほか 10団体が参加している。 (2) 国際癌研究共同体 CANCIRCD  61年ニューヨークで創立,臨床医学を中心に拡大強化,64年から国際組織として活動。 (3) ヨーロッパ癌研究協会 EACR  68年オランダのアムステルダムに設立。ヨーロッパ 19ヵ国が参加。 (4) ヨーロッパ癌治療研究機関 EORTC  63年ベルギーのブリュッセルで創立。制癌剤の研究を推進。7ヵ国が参加。 (5) 汎アメリカ癌組織学会 PACCS  57年マイアミで発足。アメリカ合衆国ラテンアメリカで研究活動をしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国際癌研究機構の関連キーワード公衆衛生国際生活機能分類世界保健機関天然痘世界保健機関WHO中嶋宏田中大地中嶋宏重症急性呼吸器症候群

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android