コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際貿易機関 こくさいぼうえききかんInternational Trade Organization

1件 の用語解説(国際貿易機関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際貿易機関
こくさいぼうえききかん
International Trade Organization

略称 ITO世界貿易秩序の確立を目指して設立が準備された国際機構。 1945年 11月のアメリカの提案を出発点とし,48年3月にハバナで 53ヵ国が ITO憲章に署名したが,アメリカを含め多くの国にはそれぞれの立場からの不満があり,批准国がわずか2ヵ国であったため創設されなかった。そして,「関税および貿易に関する一般協定」 GATT (→ガット ) が ITOの代りをつとめることとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国際貿易機関の関連キーワード伊藤裕子伊藤かずえいとうあさこエスパー伊東伊藤里絵伊藤生人いとうまゆ伊藤美裕伊藤えみニードル

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際貿易機関の関連情報