コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際音声記号 コクサイオンセイキゴウ

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐おんせいきごう〔‐オンセイキガウ〕【国際音声記号】

International Phonetic Alphabet》あらゆる言語音を表記することができるよう、国際音声学協会が定めた音声記号。1888年に制定され、その後数次の改訂がなされた。ローマ字を中心に、ギリシャ文字や補助記号などを用いる。国際音声字母万国音標文字IPA

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくさいおんせいきごう【国際音声記号】

あらゆる言語音を表記できるように、国際音声学協会によって定められた音声記号。1888年に制定。その後、数次の改訂を経て、今日も広く行われている。万国音標文字。国際音声字母。 IPA 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際音声記号
こくさいおんせいきごう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国際音声記号の関連キーワードInternational Phonetic Alphabet国際音声学協会アイピーエーA.P.I.音声学強勢数次

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android