土地転がし(読み)とちころがし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地転がし
とちころがし

土地を安いときに買って,高くなってから売却する行為土地投機というが,そのうちでも特に悪質なものを指す。値上がりが見込める土地を買い占め,転売しては買い戻すことを繰り返して地価をつり上げ,最終的に高額で売却し暴利をむさぼる行為。多くは地上げ屋が絡んでおり,その陰に大手企業の存在がうかがわれることも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とち‐ころがし【土地転がし】

関係者間で土地の転売を重ねることによって地価をつり上げ、その値上げ幅から大きな利益を得ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とちころがし【土地転がし】

値をつり上げて利益を得るために、土地の転売を関係者間で繰り返すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android