土師原穆秀(読み)はしはら ぼくしゅう

  • 土師原穆秀 はしはら-ぼくしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1877-1937 明治-昭和時代前期の僧。
明治10年8月29日生まれ。兵庫県の人。浄土寺住職。真言宗宗会議員,総本山金剛峰寺(こんごうぶじ)耆宿(きしゅく),播磨(はりま)宗務支所長,総本山執行(しゅぎょう),古義真言宗総務などをつとめた。昭和12年1月13日死去。61歳。真言宗各宗派連合大学林(現高野山大)卒。号は虚水。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android