コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土師原穆秀 はしはら ぼくしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土師原穆秀 はしはら-ぼくしゅう

1877-1937 明治-昭和時代前期の僧。
明治10年8月29日生まれ。兵庫県の人。浄土寺住職。真言宗宗会議員,総本山金剛峰寺(こんごうぶじ)耆宿(きしゅく),播磨(はりま)宗務支所長,総本山執行(しゅぎょう),古義真言宗総務などをつとめた。昭和12年1月13日死去。61歳。真言宗各宗派連合大学林(現高野山大)卒。号は虚水。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土師原穆秀の関連キーワード義範明治

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android