コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土師原穆秀 はしはら ぼくしゅう

1件 の用語解説(土師原穆秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土師原穆秀 はしはら-ぼくしゅう

1877-1937 明治-昭和時代前期の僧。
明治10年8月29日生まれ。兵庫県の人。浄土寺住職。真言宗宗会議員,総本山金剛峰寺(こんごうぶじ)耆宿(きしゅく),播磨(はりま)宗務支所長,総本山執行(しゅぎょう),古義真言宗総務などをつとめた。昭和12年1月13日死去。61歳。真言宗各宗派連合大学林(現高野山大)卒。号は虚水。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土師原穆秀の関連キーワード中国映画日活(株)東京大学華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一菊池大麓

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone