コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土門拳記念館 どもんけんきねんかん

日本の美術館・博物館INDEXの解説

どもんけんきねんかん 【土門拳記念館】

山形県酒田市にある写真美術館。昭和58年(1983)創立。酒田市出身の写真家土門拳の全作品約7万点を収蔵し、順次展示する。建物の設計は谷口吉生(よしお)。またデザイナー亀倉雄策、彫刻家イサム・ノグチ、華道家勅使河原(てしがわら)宏が開設に協力。
URL:http://www.domonken-kinenkan.jp/
住所:〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13
電話:0234-31-0028

出典|講談社日本の美術館・博物館INDEXについて | 情報

世界大百科事典内の土門拳記念館の言及

【土門拳】より

…また《古寺巡礼》シリーズに代表される仏像,寺院等の記録写真は,彼の日本の伝統文化に対する独自な解釈と,対象を凝視するレンズの非情な記録性が結びついた,稀有な作品群となっている。83年には,生地酒田にその業績を記念して,日本の写真家としては初の個人美術館〈土門拳記念館〉が開設されている。【飯沢 耕太郎】。…

※「土門拳記念館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土門拳記念館の関連キーワード東京都写真美術館三木 淳

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土門拳記念館の関連情報