コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写真美術館 しゃしんびじゅつかん

3件 の用語解説(写真美術館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真美術館
しゃしんびじゅつかん

芸術作品もしくは文化遺産としての写真を収集し展示する美術館。日本での本格的な写真美術館の第1号は 1995年に総合開館した東京都写真美術館だが,それより前の 83年,山形県酒田市に写真家,土門拳の業績をたたえて「土門拳記念館」が開館している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

写真美術館

1988年、写真部門を持ち、写真作品を本格的に収集する日本最初の公立美術館として川崎市市民ミュージアムが開館。89年には横浜美術館が、90年には東京都写真美術館(本格開館は95年)がオープンし、写真関係者の長年の悲願であった写真美術館が、ようやく具体的に動き始めた。一方、写真を専門に扱うギャラリーも、80年代以降増え続けている。近年は現代美術を中心とするギャラリーでも、写真作品が多く取り上げられるようになってきた。その中で、写真家たちの意識も変わりつつある。80年代までは作品の最終的な発表の場は写真雑誌や写真集のような印刷媒体だった。だがそれ以後は、美術館やギャラリーでの展示を前提として作品を作る写真家たちが多くなってきている。彼らは会場の空間そのものを生かしたインスタレーション的な展示を試みることで、従来の平面的な展示の枠組みを解体しつつある。

(飯沢耕太郎 写真評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

写真美術館
しゃしんびじゅつかん

写真を専門に収集、展示する美術館。日本では、写真誕生150年を迎えた1989年(平成1)前後に、川崎市民ミュージアムや横浜美術館など、内外の写真コレクション力を入れる美術館が登場、写真をめぐる新しい動きが生まれた。95年1月には、東京・渋谷区恵比寿(えびす)に、国内では初めての写真と映像に関する専門美術館として東京都写真美術館が開館した。二つの展示室と一つの映像展示室があり、国内外の写真、映像作品約2万点が収蔵されている。また併設の図書室には約4万冊の専門図書、資料があり閲覧できる。
 海外では、アメリカ・ロチェスターのジョージ・イーストマン・ハウス国際美術館、ニューヨークのインターナショナル・センター・オブ・フォトグラフィー(ICP)、パリのフランス国立写真センターなどが名高い。[高三啓輔・天野徳子]
『松本徳彦著、東京都写真美術館監修『日本の美術館と写真コレクション』(2002・淡交社) ▽『東京都写真美術館ニュース』(1990.6~ )』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

写真美術館の関連キーワード写真家ステレオ写真ビンテージプリント箱根写真美術館高梨豊石井幸之助清水東谷中村立行渡辺勉三越写真部

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

写真美術館の関連情報