コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷口吉生 タニグチヨシオ

3件 の用語解説(谷口吉生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たにぐち‐よしお【谷口吉生】

[1937~ ]建築家。東京の生まれ。吉郎の長男。丹下健三に師事。資生堂アートハウス日本建築学会賞を受賞し、その後も土門拳記念館葛西臨海水族園などを設計。平成13年(2001)には、MoMAニューヨーク近代美術館)の改築を手がけた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口吉生 たにぐち-よしお

1937- 昭和後期-平成時代の建築家。
昭和12年10月17日生まれ。谷口吉郎(よしろう)の長男。丹下健三にまなぶ。昭和54年谷口吉郎建築設計研究所(現谷口建築設計研究所)所長。55年資生堂アートハウスで建築学会賞,62年土門拳記念館で芸術院賞。平成6年猪熊弦一郎現代美術館(香川県丸亀市)で村野藤吾賞。20年芸術院会員。東京出身。慶大卒,ハーバード大卒。作品はほかに金沢市立図書館(現金沢市立玉川図書館),葛西臨海水族園など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷口吉生
たにぐちよしお
(1937― )

建築家。東京生まれ。建築家谷口吉郎の長男。1960年(昭和35)に慶応義塾大学工学部機械工学科を卒業、その後アメリカに渡り、64年にハーバード大学GSD(大学院大学デザイン・コース)修了(建築学修士)。帰国後、64年から東京大学工学部都市工学科丹下健三研究室に所属、その後丹下健三・都市・建築設計研究所に72年まで勤務する。
 1974年に計画・設計工房を設立し主宰する。1979年より谷口吉郎建築設計研究所(現谷口建築設計研究所)の所長となる。また、カリフォルニア大学ロサンゼルス校建築学科講師(1972~73)、ハーバード大学建築学科客員講師(1978、87)、東京大学工学部建築学科非常勤講師(1981~83)、東京工業大学建築学科非常勤講師(1983~84)などを務める。
 金沢市立図書館(1978)は谷口が40歳の時、父、吉郎の監修の下に設計を手がけた、事実上のデビュー作である。その後谷口は資生堂アート・ハウス(1978、静岡県。日本建築学会賞)、土門拳記念館(1983、山形県。吉田五十八(いそや)賞、日本芸術院賞)と、公共性と記念性の高い建築をたて続けに手がけ、流行や自己主張には流されない確固とした空間とシンプルな構成をもった、良質のモダニズム建築の可能性を披露した。
 しかしながら谷口は保守的なモダニズム建築を目指してはいなかった。東京都葛西(かさい)臨海水族園(1989。毎日芸術賞)では海に向かって明るく開く表現、丸亀市猪熊(いのくま)弦一郎現代美術館(1991。村野藤吾賞)では環境と美術館のありかたなど、多様な環境に対する巧みな対応を表現するのである。東京国立博物館法隆寺宝物館(1999)の列柱など、谷口におけるモダニズム建築の表現は、シンプルなボリュームの建築と周囲の環境を対比させるという操作に絞り込むのだが、いずれの建築においても独自の環境を生み出しているのである。
 このような効果は、建築内外の空間のボリューム、ダイナミズム、光の取り入れかた、内外の細心なディテールや収まりなど、冒険的な構造や装置の表現に頼らない、建築本来の表現と確かな技によって得られている。
 日本アイ・ビー・エム幕張(まくはり)テクニカルセンター(千葉県)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、丸亀市立図書館(いずれも1991)や豊田市美術館(1995)ではアメリカのランドスケープ・デザイナー、ピーター・ウォーカーと協同した。一方、東京国立博物館法隆寺宝物館は前庭とピクチャレスク(絵画的)な対応を見せ、日本的モダニズムの再発見を目指している。
 そのほかの主な作品として、秋田市立中央図書館明徳館(1978)、ホテル安比(あっぴ)グランド(1985、岩手県)、慶応義塾幼稚舎新体育館(1987、東京都)、長野県信濃美術館東山魁夷(かいい)館(1990)、酒田市国体記念体育館(1991)、慶応義塾湘南藤沢中等部・高等部(1992、神奈川県)、葛西臨海公園展望広場レストハウス(東京都)、豊田市茶室(いずれも1995)、つくば市民交流センター(1996、茨城県)、慶応義塾幼稚舎新館21(2001、東京都)などがある。2004年11月、ニューヨーク近代美術館(MoMA)が谷口の設計によりリニューアル・オープン。[鈴木 明]
『『谷口吉生建築作品集』(1996・淡交社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷口吉生の関連キーワード池原義郎高松伸毛綱毅曠東孝光石井和紘高橋靗一中村昌生宮脇檀森京介山本理顕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷口吉生の関連情報