圧気工法(読み)あっきこうほう(英語表記)pneumatic process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧気工法
あっきこうほう
pneumatic process

構造物の基礎や地下トンネルなどで,湧水を防ぐため,高い空気圧のもとで掘削作業を進める工法。基礎の場合には,空気ケーソン潜函ニューマチックケーソン (→ケーソン基礎工法 ) ,地下トンネルの場合には,シールド工法などと呼ばれている。作業員が高い気圧のもとで作業をするので,作業時間などに制約があるが,直接地質を確かめながら作業できるので,確実な工事が可能となる。近年は,大型基礎に空気ケーソンを用い,各種の建設機械をケーソンの中に持込み,機械化作業が行われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android