コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地上SHF放送 ちじょうエスエッチエフほうそう

1件 の用語解説(地上SHF放送の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちじょうエスエッチエフほうそう【地上SHF放送】

SHF(super high frequencyの略)帯の電波(周波数3~30GHz,波長10~1cm)を用いて,地上局によって行う放送。SHF放送には,人工衛星からの衛星放送と地上局からの地上SHF放送がある。地上SHF放送については1977年,郵政省令によって12.092~12.2GHzの範囲で第63チャンネルから第80チャンネルまでの合計18のテレビチャンネルが割り当てられている。この放送はおもに都市におけるテレビ受信障害対策として行われるもので,ビルの屋上などで良好なテレビ電波を受信して,これをSHF電波に変換し,ビル陰の受信障害家屋に向けて再送信するものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地上SHF放送の関連キーワードセンチ波SHFハイソハイソックスハイミススーパーハイマテリアルCDHFSEHIMU

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone