コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地上SHF放送 ちじょうエスエッチエフほうそう

世界大百科事典 第2版の解説

ちじょうエスエッチエフほうそう【地上SHF放送】

SHF(super high frequencyの略)帯の電波(周波数3~30GHz,波長10~1cm)を用いて,地上局によって行う放送。SHF放送には,人工衛星からの衛星放送と地上局からの地上SHF放送がある。地上SHF放送については1977年,郵政省令によって12.092~12.2GHzの範囲で第63チャンネルから第80チャンネルまでの合計18のテレビチャンネルが割り当てられている。この放送はおもに都市におけるテレビ受信障害対策として行われるもので,ビルの屋上などで良好なテレビ電波を受信して,これをSHF電波に変換し,ビル陰の受信障害家屋に向けて再送信するものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

地上SHF放送の関連キーワードロイック デュヴァルSHFチャンネルプランマイクロ波難視聴地域イェソンイトゥクウニョクカンインキボム

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android