コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地先漁場地元主義 ちさきぎょじょうじもとしゅぎ

世界大百科事典 第2版の解説

ちさきぎょじょうじもとしゅぎ【地先漁場地元主義】

地先の漁場はその地元の村に占有利用させようという考え方。沿岸各村の漁業に対する依存度は多種多様で,ほとんど漁業のみに依存する専漁村からまったく漁業に依存しない純農村までいろいろあった。そのような差異は自然条件,市場条件などによって形成されたものであろうが,それは幕藩体制に組み入れられることによって制度的に固定化された。ところが商品経済の発展に伴う江戸時代中期以降の漁業生産の急速な発達過程で,さきに固定化された関係と現実の関係との間にギャップが増大した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

地先漁場地元主義の関連キーワード地先

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android