コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地先漁場地元主義 ちさきぎょじょうじもとしゅぎ

世界大百科事典 第2版の解説

ちさきぎょじょうじもとしゅぎ【地先漁場地元主義】

地先の漁場はその地元の村に占有利用させようという考え方。沿岸各村の漁業に対する依存度は多種多様で,ほとんど漁業のみに依存する専漁村からまったく漁業に依存しない純農村までいろいろあった。そのような差異は自然条件,市場条件などによって形成されたものであろうが,それは幕藩体制に組み入れられることによって制度的に固定化された。ところが商品経済の発展に伴う江戸時代中期以降の漁業生産の急速な発達過程で,さきに固定化された関係と現実の関係との間にギャップが増大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地先漁場地元主義の関連キーワード地先

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android