コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域漁業管理機関

農林水産関係用語集の解説

地域漁業管理機関

広範囲に回遊するかつお・まぐろ類等について、ある一定広がりを持つ水域(例:インド洋)の中で、漁業管理をするための条約に基づいて設置される国際機関。地域漁業管理機関は、関係国の参加により、対象水域における対象資源の保存・管理のための措置を決定。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

地域漁業管理機関の関連キーワード大西洋まぐろ類保存国際委員会中西部太平洋まぐろ類委員会インド洋まぐろ類委員会全米熱帯まぐろ類委員会みなみまぐろ保存委員会国連海洋法条約遠洋底引網漁業UNCLOS遠洋漁業延縄

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地域漁業管理機関の関連情報