コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域精神医学 ちいきせいしんいがくcommunity psychiatry

世界大百科事典 第2版の解説

ちいきせいしんいがく【地域精神医学 community psychiatry】

精神障害の発生予防の立場から〈機能的ないし地理的に限定された集団の精神健康を満たすプロセス〉(キャプランG.Caplan)とされている新しい精神医学の一分野で,第2次大戦後に台頭した。しかし,上記の定義のような立場をとっているのはアメリカのみで,西欧ではより具体的であって,精神障害者を地域内で治療するための医療サービスに関する理論化と実践活動が中心課題である。精神障害者を精神病院の中に閉じ込めておくことは,かえって反社会的・非社会的傾向を助長するという考えから,早期在宅治療を行うための在宅指導体制を整えること,精神衛生センターや保健所等の行政機関と病院が連絡して,これに努力することなどが図られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

地域精神医学の関連キーワード江熊 要一江熊要一

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android