コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地理的人種 ちりてきじんしゅgeographical race

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地理的人種
ちりてきじんしゅ
geographical race

S.M.ガーンの提唱する説。身体的に互いによく類似し,大洋のような自然の境界によって仕切られている人類集団の集合体。地理的人種はそれぞれまったく別系統というわけではない。それぞれの地理的人種は,地形上の障害があるにせよ隣接する人種とある程度混交する。人類を生物学的な人種に分類する方法はただ1つだけではない。かつては,皮膚色や毛髪の形のような身体特徴で3~5の生物学的人種,すなわちコーカソイドニグロイドおよびモンゴロイド,そしてオーストラロイドならびにアメリカインディアンを区別するのが普通であった。今日では,分類技術はより精巧になり,血液型その他の遺伝的形質を考慮するようになった結果,8~9程度の地理的人種に分類するようになった。学者によって,その呼び方や分類の方法は異なるが,次のような取合せが一般に受入れられている。すなわち,ヨーロッパ人,アフリカ人,インド人,アジア人,オーストラリア人,ポリネシア人,メラネシア人ミクロネシア人およびアメリカインディアン。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

地理的人種の関連キーワード東南アジア地方人種メラネシアリプリー地方人種

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android