地米(読み)ジゴメ

デジタル大辞泉の解説

じ‐ごめ〔ヂ‐〕【地米】

その土地でとれた
「当年のお仕舞は庭に三石―と見えました」〈浮・永代蔵・五〉

じ‐まい〔ヂ‐〕【地米】

その土地でとれた米。じごめ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の地米の言及

【佐賀藩】より

…この上地を基礎にして支藩の小城(おぎ)藩,鹿島藩,蓮池藩が設けられたが,これら支藩の石高は佐賀本藩の石高35万7036石に包含されたものであった。年貢徴収体系も慶長検地の段階で整えられるが,それは1反当りの年貢高を基軸にしたもので,これを佐賀では〈地米〉と称した。この地米制が年貢と知行の基礎をなした。…

※「地米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android