コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当年 トウネン

2件 の用語解説(当年の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐ねん〔タウ‐〕【当年】

この年。今年。本年。「当年とって二〇歳」
その年。その当時。
シギ科の鳥。全長約15センチと小形。夏羽は頭・くびと背中が赤褐色、腹は白色。冬羽は背面が灰褐色。シベリアで繁殖、日本には春・秋に渡来し、干潟でみられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうねん【当年】

ことし。今年。本年。 「 -とって六〇歳」
(話題になっている)その年。そのころ。その当時。 「一皮剝めくれば-の腕白者は依然として存して居る/思出の記 蘆花
チドリ目シギ科の小鳥。全長約14センチメートルで小形。夏羽は全身ほぼ赤褐色だが、冬羽は体の上面が灰褐色、下面が白色になる。シベリアなどで繁殖し、春と秋日本各地の干潟や水田などに群れとなって渡来する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

当年の関連情報