三石(読み)みついし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三石」の解説

三石
みついし

北海道南部,新ひだか町南東部の旧町域。太平洋に面し,襟裳岬北西に位置する。 1951年町制施行。 2006年静内町と合体して新ひだか町となった。地名はアイヌ語ピットウシ (小石の多いところの意) に由来。競走馬育成,酪農などの畜産業のほかに,ミツイシコンブ (三石昆布)に代表される沿岸漁業が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「三石」の解説

みついし【三石】

[一] 岡山県備前市の北東部の地名。古くから山陽道第一の要害船坂峠の西側のふもとの宿場町として知られた。(ろう)石の採石とそれを原料とする耐火煉瓦を生産。
[二] 北海道中南部、日高支庁の郡名。日高山脈西斜面、太平洋に面する。明治二年(一八六九日高国の一郡として成立

さん‐せき【三石】

江戸時代後期の南画家、野呂介石・長町竹石・僧愛石の三人の総称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の三石の言及

【備前[市]】より

…岡山県南東部にある市。1971年備前町と三石(みついし)町が合体,市制。人口3万0391(1995)。…

※「三石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報