地鎮(読み)じちん

精選版 日本国語大辞典「地鎮」の解説

じ‐ちん ヂ‥【地鎮】

〘名〙 土木、竈造りなどのとき、陰陽道でいう方位の神の金神(こんじん)をまつること。
小右記‐長保元年(999)一〇月一一日「地鎮・釘貫等事如期令奉仕了者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地鎮の言及

【鎮壇具】より

…注意しなければならないのは儀軌に〈鎮壇〉の語がみえるのは真言宗だけということである。真言宗では壇を築く以前の供養を地鎮として瓶のみを埋め,壇を築いた後の供養を鎮壇として密教法具をはじめとする各種の品々を埋納している。一般には中世以降も〈地鎮〉と称したようである。…

※「地鎮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android