土木(読み)ドボク

デジタル大辞泉の解説

ど‐ぼく【土木】

土と木。
土石・木材・鉄材などを使って、道路・鉄道・河川・橋梁(きょうりょう)・港湾などを造る建設工事。土木工事。また、それら建築物を造る産業。
《「土木工学」の略》土木2に関する理論と実際を研究する工学の一部門。「大学で土木を専攻する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ど‐ぼく【土木】

〘名〙 (古くは「とぼく」とも)
① 土と木。比喩的に、飾らない粗野で素朴なものをもいう。→けいがい(形骸)を土木にす
※大観本謡曲・谷行(1546頃)「上に蓋へる土木盤石、押し倒し取り払って」
② 木材、鉄材、土石などを使ってする建物、道路河川、港湾などの工事。土木工事。
※権記‐長保四年(1002)三月一九日「仍営造之間、重制過差、不費土木之功力、可減柱梁之高大」
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「薙艸すみやかならず、土木いとなまず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の土木の言及

【土木技術】より

…土木技術はもっとも古い歴史をもつ技術といわれる。人類が登場して生活を営み始めるにあたって,竪穴住居をつくるにしてもまず土地を掘削する必要があったし,歩いていくためには原始的な道を切り開いたり,木の橋を架け渡さなければならなかったであろう。…

※「土木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報