坂上明胤(読み)さかのうえ あきたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂上明胤 さかのうえ-あきたね

?-? 鎌倉時代の官吏。
明法家(みょうぼうか)。嘉禎(かてい)4年(1238)父のあと播磨(はりま)(兵庫県)巨智(こち),近江(おうみ)(滋賀県)天福寺地頭職(しき)などをつぐ。仁治(にんじ)2年遺産をめぐって姉とあらそい,鎌倉浜地は姉の,旗・鎧(よろい)は明胤の相続が裁許された。通称は左兵衛尉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android