仁治(読み)ニンジ

大辞林 第三版の解説

にんじ【仁治】

年号(1240.7.16~1243.2.26)。延応の後、寛元の前。四条・後嵯峨天皇の代。にんち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

にんじ【仁治】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1240年から1243年まで、四条(しじょう)天皇、後嵯峨(ごさが)天皇の代の元号。前元号は延応(えんおう)。次元号は寛元(かんげん)。1240年(延応2)7月16日改元。彗星の凶兆、地震、旱魃(かんばつ)などの天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『新唐書(しんとうじょ)』『書儀(しょぎ)』を出典とする命名。仁治年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)、北条経時(つねとき)(4代)。1242年(仁治3)、12歳の四条天皇が突然崩御したため皇位継承問題が起こった。承久の乱の関係者である順徳(じゅんとく)天皇の皇子擁立に鎌倉幕府が反対したため、中立的な立場にあった後嵯峨天皇が即位した。この紛議で、11日間の皇位の空白が生じた

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android