コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂上経澄 さかのうえの つねずみ

2件 の用語解説(坂上経澄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂上経澄 さかのうえの-つねずみ

?-? 平安時代後期の武士。
高野山領の紀伊(きい)伊都郡官省符荘(かんじょうふのしょう)(和歌山県高野口町)内80ha余の領主。寛治(かんじ)元年(1087)寺家所司の行賢を殺害した罪で追放され,所領を没収された。のち家人の紀仲清に先祖伝来の天野社領山前(やまざき)山地まで押領されかけ,3年に所領の回復をねがいでた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂上経澄

生年:生没年不詳
平安後期の紀伊国(和歌山県)の武士。『今昔物語集』巻29に前国司平維時の郎等として登場する坂上晴澄の孫。11世紀後半に伊都郡の各地に所領を持つ在地領主に成長。高野山領官省符荘には80町余の所領を有したが,寛治1(1087)年寺家所司の行賢を殺害した罪により没収され,荘外に追放された。この事件をきっかけに,3代にわたって坂上氏に仕えた家人の紀仲清に天野社領内の山前山地などを押領されそうになり,寛治3年に近隣刀禰の証判をそえて,所領の回復を願い出ている。経澄のその後の動向は詳らかでないが,一族の子孫のうちには,相賀荘や官省符荘の荘官や住人としてその名がみえる者がいる。<参考文献>上横手雅敬『日本中世政治史研究』

(小山靖憲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂上経澄の関連キーワード和歌山県和歌山県立医科大学紀伊南紀和歌山牟婁木村晴孝熊野鳥居禅尼佐原家連辻野惣兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone