コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押領 オウリョウ

4件 の用語解説(押領の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おう‐りょう〔アフリヤウ〕【押領】

[名](スル)
他人の物、所領などを力ずくで奪い取ること。
「義親の出雲に叛き、為朝の九州を―し」〈田口日本開化小史
兵を監督・統率すること。
「―せしめて、速やかに相救援せよ」〈続紀・淳仁〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

押領【おうりょう】

古代においては兵卒を監督・引率することを意味し,令外官(りょうげのかん)の一つである押領使(おうりょうし)の名称もこれに由来する。だが平安時代中期頃からは,転じて他人が正当な権利に基づいて知行している所領・諸職などを,実力で侵害し奪うことを意味するようになった。
→関連項目政基公旅引付

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうりょう【押領】

漢語では〈まもる〉〈護衛する〉〈管理する〉の意味であったが,日本ではとくに兵卒を監督統率することに用いられた。《続日本紀天平宝字3年(759)11月辛未条に,〈国別ニ二千已下ノ兵ヲ差発シ,国司精幹ノ者一人ヲ択ミ,押領セシメテ速ニ相救援セヨ〉とある。のちの押領使という官職は,この意味での押領からきている。 元来漢語の〈押〉には,〈おす〉のほか,〈とりしまる〉〈たすける〉などの意味があり,〈強いる〉という意味はほとんどなかったが,日本の古代語の〈おす〉には〈強いる〉意味があり,この言葉に〈押〉の漢字があてられたところから,日本語で用いる〈押〉には強制的なニュアンスがこめられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうりょう【押領】

( 名 ) スル
他人の領地などを実力をもって奪うこと。 「為朝の九州を-し義平の関東に戦ふ/日本開化小史 卯吉
兵卒を監督・統率すること。 「国司の精幹の者一人を択えらみ-せしめて、速に相救援せよ/続紀 天平宝字三

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

押領の関連キーワード管理人警衛護衛侍衛宿衛親衛隊藤田守松田衛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

押領の関連情報