坂下門の変(読み)さかしたもんのへん

精選版 日本国語大辞典の解説

さかしたもん【坂下門】 の 変(へん)

文久二年(一八六二)一月一五日、江戸城坂下門外で、水戸浪士を中心とする尊王攘夷派の志士が老中安藤信正を襲い負傷させた事件。信正が公武合体論を推進し、和宮降嫁を実現させたことが原因で、事件以後、尊王攘夷運動が盛んとなった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android