水戸浪士(読み)みとろうし

百科事典マイペディアの解説

水戸浪士【みとろうし】

水戸藩の浪人。特に江戸末期,水戸学の影響を受け尊王攘夷(そんのうじょうい)運動を行った志士をいう。水戸浪士等は,1860年桜田(さくらだ)門外で井伊直弼(いいなおすけ)を暗殺。翌年東禅(とうぜん)寺の英国公使館を襲撃,その翌年公武合体論者の安藤信正(のぶまさ)を襲撃(坂下門外の変)。尊攘運動挫折後,1864年天狗(てんぐ)党の乱を起こし多くの犠牲者を出し,その後の尊皇倒幕運動での活躍は見られない。→桜田門外の変東禅寺事件

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水戸浪士の関連情報