コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂口允彦 さかぐち のぶひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂口允彦 さかぐち-のぶひこ

1908-1990 昭和時代の将棋棋士。
明治41年12月10日生まれ。昭和2年花田長太郎に入門。6年4段。戦後の一時期チェスに転向したが,のち将棋界に復帰。26年産経杯戦で優勝。A級通算8年,51年9段。強靱(きょうじん)な棋風は「クロガネ」とよばれた。日本将棋連盟会長を2度つとめた。平成2年1月18日死去。81歳。北海道出身。本名は武雄

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂口允彦の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android