坂合黒彦皇子(読み)さかいのくろひこのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂合黒彦皇子 さかいのくろひこのおうじ

記・紀にみえる允恭(いんぎょう)天皇の皇子
母は忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)。安康天皇,雄略天皇の同母兄弟。「日本書紀」によれば,大泊瀬(おおはつせの)皇子(雄略天皇)に攻められ,安康天皇を殺した眉輪(まよわ)王とともに大臣葛城円(かつらぎの-つぶら)宅ににげたが,焼き殺されたという。「古事記」では境之黒日子王。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android