坂東 三津之丞(読み)バンドウ ミツノジョウ

20世紀日本人名事典の解説

坂東 三津之丞
バンドウ ミツノジョウ

昭和期の日本舞踊家(坂東流)



生年
明治29(1896)年1月1日

没年
昭和41(1966)年10月11日

出生地
東京・京橋

本名
小島 日出丸

別名
俳優名=坂東 秀丸

主な受賞名〔年〕
勲四等瑞宝章

経歴
幼時から舞踊師匠の父志賀山伊之助の教えを受け、明治42年7代目坂東三津五郎に師事、坂東秀丸の名で歌舞伎俳優となった。大正10年三津之丞と改め、昭和8年坂東流舞踊師匠に転身。軽妙洒脱な芸風振付師としても力を発揮、7代三津五郎の後見役を務めた。24年から日本舞踊協会理事。振付作品に「峠の万歳」「寒山拾得」「夕顔棚」「檜垣」「楠公」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

坂東 三津之丞
バンドウ ミツノジョウ


職業
日本舞踊家(坂東流)

本名
小島 日出丸

別名
俳優名=坂東 秀丸

生年月日
明治29年 1月1日

出生地
東京・京橋

経歴
幼時から舞踊師匠の父志賀山伊之助の教えを受け、明治42年7代目坂東三津五郎に師事、坂東秀丸の名で歌舞伎俳優となった。大正10年三津之丞と改め、昭和8年坂東流舞踊師匠に転身。軽妙洒脱な芸風で振付師としても力を発揮、7代三津五郎の後見役を務めた。24年から日本舞踊協会理事。振付作品に「峠の万歳」「寒山拾得」「夕顔棚」「檜垣」「楠公」などがある。

受賞
勲四等瑞宝章

没年月日
昭和41年 10月11日 (1966年)

家族
息子=勝見 嘉之(日本舞踊家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android