コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒山拾得 かんざんじっとくHan-shan Shi-de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒山拾得
かんざんじっとく
Han-shan Shi-de

中国,唐の伝説上の2人の詩僧。天台山国清寺豊干禅師の弟子。拾得は豊干に拾い養われたので拾得と称した。寒山は国清寺近くの寒山の洞窟に住み,そのため寒山と称したといい,樺皮を冠とし大きな木靴をはき,国清寺に往還して拾得と交わり,彼が食事係であったので残飯をもらい受けていた。ともに世俗を超越した奇行が多く,また多くの詩を作ったという。しかし,これらの事績はすべて,天台山の木石に書き散らした彼らの詩を集めたとされる『寒山詩集』に付せられた閭丘胤 (りょきゅういん) 名の序,および五代の杜光庭の『仙伝拾遺』に記された伝説に発するもので,寒山,拾得の実在そのものを含めて真偽のほどは確かめがたい。後世に禅僧などが彼らのふるまいや生活に憧れ,好画題として扱うことが多かった。顔輝 (がんき) ,因陀羅などに作品があり,日本でも可翁,明兆,松谿などが描いた。その詩は『寒山詩集』に寒山のもの約三百余首,拾得のもの約五十首を収め,すべて無題である。自然や隠遁を楽しむ歌のほか,俗世や偽善的な僧を批判するもの,さらに人間的な悩みから女性の生態を詠じたものまで,多彩な内容をもち,複数の作者を推測することもでき,さらにその成立もいくつかの段階を経ているとも考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんざん‐じっとく【寒山拾得】

寒山拾得の二人の僧。寒山が経巻を開き、拾得がほうきを持つ図は、禅画の画題。
舞踊劇。長唄。坪内逍遥(つぼうちしょうよう)作詞、4世吉住小三郎・3世杵屋六四郎(きねやろくしろう)作曲、藤間勘右衛門振り付け。明治44年(1911)初演。雪舟の「寒山拾得図」の枯淡、洒脱(しゃだつ)な感じを表現。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

寒山拾得【かんざんじっとく】

中国,唐代の脱俗的人物で詩人の寒山と拾得のこと。在世年代は不詳。寒山は幽窟に住み,国清寺に出入して残飯をもらい,拾得と交わったとされているが,拾得は寒山伝説がふくらむ過程で付加された分身と認められる。
→関連項目顔輝寒山詩道釈画

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんざんじっとく【寒山拾得】

新舞踊劇。坪内逍遥作。長唄。1911年9月文芸協会私演場で初演。作曲4世吉住小三郎・3世杵屋(きねや)六四郎(2世稀音家浄観)。振付2世藤間勘右衛門。雪舟筆の墨絵の掛物から抜け出したという設定で,唐の仙人寒山と賢士拾得の枯淡洒脱な生活ぶりを描く。作者はこれを《お七吉三》と同時上演し,雪舟の筆意と師宣の浮世絵の画趣を対照的に見せるのを本意とした。【菊池 明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんざんじっとく【寒山拾得】

寒山と拾得。二人とも詩禅一如の生活を送り、その挙動すこぶる奇矯であったという。後世、禅画の好題材となったほか、文芸・芸能の材ともなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒山拾得
かんざんじっとく

森鴎外(おうがい)の短編小説。1916年(大正5)1月号の『新小説』に発表。「寒山子詩集序」を材料とした、鴎外最後の歴史小説。唐代の官吏閭丘胤(りょきゅういん)が、豊干(ぶかん)という托鉢(たくはつ)僧の示唆で、天台山国清寺(こくせいじ)に赴き、寺の厨(くりや)で、拾得と寒山に会ったはよいが、恭しく正規の名のりをあげて、笑い飛ばされる話。世俗の権威主義、価値観を否定し、裸の人間それ自体の尊厳を象徴化した、鴎外短編中の逸品である。鴎外の退官直前の作品で、閭丘胤には、それまでの官吏鴎外自身も託されているとみられる。[磯貝英夫]
『『山椒大夫・高瀬舟 他四編』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寒山拾得の関連キーワード坂東 三津五郎(7代目)杵屋六四郎(3世)坂東 三津之丞坂東三津之丞カンザンチク橋本 関雪寒山・拾得磯貝英夫天台山脈曾我蕭白仙厓義梵長沢蘆雪狩野山雪海北友松榊莫山寒山寺王梵志見立絵和合神寒山竹

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒山拾得の関連情報