コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東流 ばんどうりゅう

5件 の用語解説(坂東流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂東流
ばんどうりゅう

日本舞踊の一流派。流祖は文化文政年間 (1804~30) の歌舞伎の名優3世坂東三津五郎。ほかに3世三津五郎の門から出た百々代によって始められ,現家元百々一まで4世を数える百々派がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばんどう‐りゅう〔‐リウ〕【坂東流】

日本舞踊の流派の一。3世坂東三津五郎を流祖とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ばんどうりゅう【坂東流】

日本舞踊の流派名。3世坂東三津五郎を流祖とし,現9世三津五郎に至る。3世は文化・文政期(1804‐30)の江戸随一の所作事の名手で,変化物(へんげもの)に名作を残した。4世は天保期(1830‐44)に活躍,5世は3世の養子で生前は襲名せず,死後5世を追贈された。6世は5世の実子で,門弟を養成して流派を隆昌に導いた。7世は12世守田勘弥の長男で,大正・昭和を通じ名人として6世尾上菊五郎とならび称せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばんどうりゅう【坂東流】

日本舞踊の一流派。江戸の歌舞伎舞踊の名手三世坂東三津五郎が流祖。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂東流
ばんどうりゅう

日本舞踊の流派。
(1)坂東流 歌舞伎(かぶき)役者3世坂東三津五郎(みつごろう)を流祖とし、家元名は代々三津五郎。現在まで10世を数える。3世は文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)を代表する名手として、上方(かみがた)下りの3世中村歌右衛門(うたえもん)と競い、変化(へんげ)舞踊の隆盛を招いた。『山帰り』『傀儡師(かいらいし)』など江戸の味を特色とする。深川の永木河岸(えいきがし)に別宅があったことから「永木ぶり」とよばれる風を残した。幕末の4世は3世の養子で、初演した作品のなかに周知の『三社祭』がある。大正~昭和の7世は4世中村芝翫(しかん)の教えを受け、6世尾上(おのえ)菊五郎と並ぶ近代の名人。離散していた坂東姓を名のる人々を集めて流儀の確立に努めた。当流には3世の高弟三津江(みつえ)をはじめ、お狂言師(大奥や大名家に招かれ歌舞伎や舞踊を演じる女性で、町家の子女にも舞踊を教えた)を多く出し、その後も花柳界との接触が薄い。8世は研究心旺盛(おうせい)で知られ、彼の急死後、分裂騒ぎがあったが、8世の女婿(じょせい)7世坂東簑助(みのすけ)が9世を継いだ。9世の死後は長男の5世坂東八十助(やそすけ)が10世を継いだ。坂東流から出た流派の一つに勝見(かつみ)流がある。
(2)百々派坂東流(ももはばんどうりゅう) 3世坂東三津五郎の門弟坂東百々代(ももよ)が幕末にたてた一派。代表者として百々代が3代続き、その後、家元百々一(ももかず)(1918年継承)の名が残っているが、1995年(平成7)理事制をしき、百々豊(ももとよ)(1923―2001)が理事長となった。彼女の没後、2002年に百々三(ももぞう)(1937― )が理事長に就任した。[如月青子]
『坂東三津五郎著『十代目坂東三津五郎』(2000・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の坂東流の言及

【日本舞踊】より

… 振付師から出た流派では,志賀山万作を流祖とする志賀山流,江戸の振付師藤間勘兵衛から出た藤間流,西川仙蔵を祖とする西川流,幕末期から明治にかけて活躍した初世花柳寿輔が開いた花柳流,若柳吉松の若柳流や,市山七十郎の市山流等がある。また俳優の家から出たものに3世中村歌右衛門を初世とする中村流があり,同じ中村流を名のるものに,初世中村富十郎を祖とするもの,中村弥八(1703‐77)を祖とする虎治派,3世坂東三津五郎より出た坂東流があり,そのほか水木流,岩井流,市川流,尾上流等がある。さらに新舞踊からも新流派はあり,藤蔭流,五条流,林きむ子(1886‐1967)の林流,西崎緑の西崎流がある。…

【坂東三津五郎】より

…1799年(寛政11)11月襲名。江戸役者の親玉とたたえられ,上方の名優3世中村歌右衛門と拮抗,敵役を除くあらゆる役柄に通じ,なかでも和実と所作事を得意として,《布引滝》の実盛などに新しい人間像を生み,〈永木の型〉として後世に伝えられるとともに,舞踊坂東流の基礎を築いた。(4)4世(1802‐63∥享和2‐文久3) 前名2世坂東簑助。…

※「坂東流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坂東流の関連キーワード坂東三津五郎(7世)坂東三津五郎(10代目)坂東三津江坂東三津栄坂東三津五郎(5代)坂東三津五郎(9代)坂東三津之丞坂東三津代(2代)坂東簑助坂東三津五郎(5世)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂東流の関連情報