振付師(読み)フリツケシ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふりつけ‐し【振付師】

〘名〙 振付をする人。ふりつけ。
※絵本戯場年中鑑(1803)下「振付師、所作事はふり付師(ツケシ)拵えて子役に教ゆる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の振付師の言及

【振付】より

…人間の肉体の運動の連続を規定し,それによって思想または感情を創作的に舞踊として表現すること。これを専門的に行う者を振付者または振付師という。英語ではコレオグラフィーchoreographyというが,これはもともとは舞踊の記譜法を示す言葉で,1700年にフランスのフイエRaoul‐Auger Feuillet(1660ころ‐1710)とボーシャンPierre Beauchamp(1636‐1705)が自らの記譜法を〈choréographie〉と称して発表したのに由来する。…

※「振付師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

振付師の関連情報