コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東眞砂子 ばんどうまさこ

2件 の用語解説(坂東眞砂子の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

坂東眞砂子

日本の作家。1958年、高知県生まれ。奈良女子大学卒業後、イタリアに留学。帰国後、フリーライターを経て童話作家としてデビュー。93年に『死国』(角川書店)を刊行して以降は、主に日本の土俗信仰や伝統的な習俗を題材とした小説を発表する。97年、『山妣』(新潮社)で直木賞を受賞。2002年には『曼荼羅道』(文藝春秋、のち集英社文庫に収録)で柴田錬三郎賞を受賞した。一時はタヒチ、イタリアなど海外に居を構えて執筆活動を続けていたが、後に帰国。13年春に舌がんを患い、その後、肺へ転移。同年末から入院治療を受けていたが、14年1月27日に死去した。享年55。

(2014-1-30)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂東眞砂子 ばんどう-まさこ

1958-2014 平成時代の小説家。
昭和33年3月30日生まれ。イタリアに留学し,ミラノ工科大,ブレラ美術学院でインテリアデザインをまなぶ。帰国後,童話をかくが,平成5年「死国」を発表,ホラー小説ブームのさきがけとなる。ついで民俗的な素材による「蛇鏡」「桃色浄土」で注目され,9年「山妣(やまはは)」で直木賞をうけた。14年「曼荼羅道」で柴田錬三郎賞。平成26年1月27日死去。55歳。高知県出身。奈良女子大卒。著作はほかに「梟首(きょうしゅ)の島」「傀儡」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

坂東眞砂子の関連キーワード高知公園高知県立美術館高知県立文学館高知県高知市池高知県高知市鴨部高知県高知市介良乙高知県高知市高須高知県高知市丸ノ内田村とよ《近代日本の作家と作品》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂東眞砂子の関連情報