コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田俊文 さかた としぶみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂田俊文 さかた-としぶみ

1931- 昭和後期-平成時代の情報工学者。
昭和6年10月2日生まれ。45年東海大教授となり,55年同大情報技術センター所長。平成8年地球科学技術推進機構初代機構長。地球観測衛星ランドサットの画像処理システムを開発。地球環境の監視からハイテク考古学まで手がける。東京出身。千葉大卒。著作に「軍事衛星」「「地球汚染」を解読する」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂田俊文の関連キーワードデータ中継衛星技術開発衛星

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂田俊文の関連情報