コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂れ布 タレヌノ

デジタル大辞泉の解説

たれ‐ぬの【垂れ布】

部屋の出入り口などに垂れ下げた布。平安時代には、帳(とばり)の役もした。
「湯殿の―をときおろして」〈宇治拾遺・三〉
看板がわりに店に垂れ下げるのれん。
「下京に目くすしあり。―に、金こ目くすりやとあり」〈咄・きのふはけふ・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たれぬの【垂れ布】

壁の代わりに掛けて、垂らした布。とばり。 「 -を引き開て/今昔 28

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

垂れ布の関連情報