コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垣塚東皐 かきづか とうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

垣塚東皐 かきづか-とうこう

?-1826 江戸時代後期の武士。
肥後熊本藩士。東西蔵付物書から奉行所根取にすすむ。職制にくわしく,また能書家として知られ,公文書の俗様の字体を廃し,草書体にあらためるよう建議した。文政9年7月13日死去。名は尹長,文。字(あざな)は成章。通称は文兵衛。著作に「官職制度考」「牧民類聚編」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

垣塚東皐の関連キーワードハウフバーラクザイ朝ハウフクルップビニークラークブルックブレーク内館元右衛門メイラン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android