コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垣岩令佳 かきいわれいか

2件 の用語解説(垣岩令佳の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

垣岩令佳

女子バドミントン選手。1989年7月19日熊本県生まれ、滋賀県出身。166センチ、64キロ、ルネサスセミコンダクタ九州・山口株式会社バドミントン部所属。6歳でバドミントンを始め、小学6年生で全国大会3位、中学でも全国大会シングル・団体の2冠を達成する。高校では、技能強化のため青森山田高等学校に入学。2005年、高校2年の時に、同校で1年先輩の藤井瑞希とペアを組み(「フジカキ」ペアと称される)、陣内貴美子以来25年ぶりとなるインターハイでの団体・シングルスダブルス3冠達成の快挙を成し遂げる。06年、藤井に誘われ現クラブに共に所属し、国内外で活躍。12年8月、ロンドン五輪女子ダブルスにて、フジカキペアで、日本バドミントン史上初の五輪メダルとなる銀メダルを獲得。

(2012-08-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

垣岩令佳 かきいわ-れいか

1989- 平成時代の女子バドミントン選手。
平成元年7月19日生まれ。熊本県で生まれ,滋賀県で育つ。平成16年全国中学校大会でシングルス優勝。バドミントン留学で青森山田高にすすみ,高校1年で藤井瑞希とペアを組み,18年インターハイのダブルスで優勝。全日本総合選手権ダブルスでは22年2位,23年3位。国際大会でも23年のドイツオープンで優勝するなど活躍。24年ロンドン五輪で藤井瑞希とのダブルスで銀メダルを獲得し,日本バドミントン界初のメダリストとなった。再春館製薬所所属。熊本県出身。青森山田高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

垣岩令佳の関連キーワード藤井瑞希トマスカップバドミントンマガジン湯木博恵小椋久美子末綱聡子日本バドミントン協会バドミントンシューズバドミントンラケット世界バドミントン連盟

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

垣岩令佳の関連情報