コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城村五百樹 じょうむら いおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城村五百樹 じょうむら-いおき

1826-1890 江戸後期-明治時代の国学者,神職。
文政9年生まれ。家は代々長門(ながと)(山口県)萩の春日神社神職。近藤芳樹にまなぶ。玉祖神社宮司(ぐうじ)などをへて,明治20年萩の住吉神社宮司となった。明治23年9月24日死去。65歳。長門出身。名は夏海。通称は又一郎。著作に「神詠弁」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

城村五百樹の関連キーワード明治時代国学者