コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

域外共通関税 いきがいきょうつうかんぜいCommon external tariff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

域外共通関税
いきがいきょうつうかんぜい
Common external tariff

関税同盟の結成にあたり,加盟国が域外からの輸入品に対して共同で設定する共通の関税のこと。これに対して,域内国間では関税を撤廃するが,域外に対しては各国が独自の関税政策を実施できるものとして自由貿易地域がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone