コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

域外共通関税 いきがいきょうつうかんぜい Common external tariff

1件 の用語解説(域外共通関税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

域外共通関税
いきがいきょうつうかんぜい
Common external tariff

関税同盟の結成にあたり,加盟国が域外からの輸入品に対して共同で設定する共通の関税のこと。これに対して,域内国間では関税を撤廃するが,域外に対しては各国が独自の関税政策を実施できるものとして自由貿易地域がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

域外共通関税の関連キーワードメルコスールEEC関税同盟ペロポネソス同盟同盟国SACUSDR(Special Drawing Rights)ドイツ関税同盟中部アフリカ経済・関税同盟ベネルクス関税同盟

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone